忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これからも、自分がニートであることを、親にバレナイようにし、仕送りを続けて貰い、ニート生活を円満に満喫しようとしていたはずの佐藤君の生命線が、完全に切られてしまった。なんと、親父がリストラにあってしまったのだ。リストラということは、収入がない。というか、だいぶ前からリストラされていたのに、佐藤君に、以前と同額のお金を仕送り続けた両親は、尊敬に値すると思う。やっぱ、親は偉大よな。
この話は、原作にあったような気がする。といっても、あったのは多分、父がリストラにあったため、バイトせざるを得なくなった佐藤君が、警備員のアルバイトをしたといった内容だったはず。まさか、オンラインゲームのRTM(リアルマネートレード)に手を出す内容が出てくるなんて…、漫画版の佐藤君はとことん駄目主人公らしい。
オンラインゲームといえば、仮想世界で、本当の自分を表現する場だとか、離れた友達と遊ぶための場とか、色々と遊び方があって、楽しみ方も人それぞれだ。本当の自分を表現というのは、「現実世界では、コンプレックスのせいで、何も出来ない」という人でも、自分の内面を何のためらいもなく表現できるということ。だからこそ、ニート的、思考の持ち主には魅力的なのかもしれない。
その仮想世界は、どんな人にも平等である。といっても、皆が同じ強さとかそういうわけではない。何が平等かといえば、「スタートライン」が平等なのだ。現実世界では、遺伝子云々の関係で、生まれた時点で、優れている人間と劣っている人間が決まっていたりする。(その後の努力で何とかなるものもあれば、ならないものもある。)そして、そのような不平等な世界で、一生懸命に生きるのが馬鹿らしいと思う人が出てきて、オンラインゲームにはまるわけだ。単に面白いからはまる人もいるだろうけれど。
今回の場合、佐藤君は、お金稼ぎのためにゲームを始めた。がしかし、ひきこもりであろうとも、それがばれる事がない仮想世界は、佐藤君にとっては、真の桃源郷だった。だから、佐藤君ははまってしまったのだ。結局、RTMによって、お金を稼ぐということよりも、ゲーム内での人間関係に重きを置いてしまい、現実をおろそかにしてしまうという罠に、佐藤君は、はまってしまったわけである。岬ちゃんや山崎と疎遠になってでも、辞められない、そういった、中毒的な症状だ。
ゲーム内でいくら努力しても、現実は少しも良くならない。それは、分かっているけれども、辞められない。そのような状況になるだろう佐藤君を、現実に引き戻すのは、誰なのだろうか。やっぱり、岬ちゃんだろうか。そこら辺が、次回の見所になるのだと思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど
スタートラインが一緒なんて思いもつかなかったですね。よく考えてみてますね。
マジ 2006/10/18(Wed) 編集
無題
知り合いが中毒者なもんで…
色々と、考えさせられます。
dameda 2006/10/19(Thu) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]