忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[113] [112] [111] [110] [109] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真琴の正体が明かされた回だった。
猫に好かれていたから、何か理由があるんだろうとは思っていたけれども、このオチは予想していなかった。原作未プレイだから、結構、衝撃を受けた。今後、真琴がいなくなるんだと思うと、「これが泣きゲーといわれる所以か…」などと、納得してしまう。
前回、森の影から除いていたキツネの描写は、これの伏線だったのか。これまで、草原みたいなところで暮らしていたような気がする、というのは、まさにその通りだったわけだ。猫たんを橋の上から落としてしまった際に、真琴が言っていた発言も、何となく、今回の話で納得できた。
新キャラみたいなのが、真琴の正体をばらしたわけだけど、彼女も何かワケありの様子。過去に、祐一と同じような体験でもしたのだろうか。それとも、いま、まさにしているとか。でも、思い出したくないとか言ってたような気がするし、過去のことなのだろう。
記憶と寿命を犠牲にしてまで祐一に会いたいというのは分かるが、いまの真琴は、その想いを持った真琴ではない。これからどんどんと衰弱していき、やがて死んでしまうらしいが、それは、寿命を犠牲にすることを決意していない真琴に降りかかる悲劇なのだ。
祐一がどうやって足掻くのか。足掻けば足掻くだけ、情が移り、別れが寂しくなると思うが、それでも、祐一がどうするかが、気になる。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
レビュー・評価:Kanon/第8話「追憶の幻想曲 〜fantasia〜」
品質評価 37 / 萌え評価 35 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 47 / お色気評価 6 / 総合評価 24レビュー数 102 件 いなくなった真琴を探し回る祐一は、舞の言葉通り、ものみの丘で寝ていた真琴と猫を見つけ家に連れて帰った。 目を覚まして驚く真琴に優しく接する名雪と秋子。翌朝、秋子に猫を飼ってもよいと言われた真琴は、祐一と一緒に猫の名前を考えるのだった。 そんな折、祐一は同じ高校の1年生・天野美汐と出会う。
URL 2007/08/28(Tue)23:19:46
実施されるゲイ
の比例代表制で これまで住民ら 提案 実施されるゲイ 昨日と今日と
URL 2007/08/29(Wed)20:54:49
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]