忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FBI捜査官がついに殺された。婚約者もいたのにな、ああ、可哀想だ。正義のために、といいながら、一般人を殺すとか、どんな正義なんだと思わなくも無い。
今回の話は、夜神月の策略は、あまり宜しくなかったかもしれないと思う。FBI捜査官の後ろを取るとか、危険以外の何者でもないような。もし、同僚が近くにいたら、どうしたんだろう、とか考えてしまう。前の話では、なかなかうまいことやっていたのにな。しかし、FBI捜査官の婚約者も、元FBI捜査官らしく、彼女が夜神月がバスに乗っていたことを、そして、バス亭の近くに住んでいる可能性があることを推測していた。穴はないと思っても、どこか穴があるのが策略なのかな。
信用できる警察官だけを残し、彼らにだけ姿を明かすとするL。あんなに簡単に信用してしまっていいのかどうかは、定かではないように思えるんだが。名前を明かさなければ、それでいい、と考えているんだろうか。しかし、警察の誰かがLを殺して心臓麻痺なんてことをデスノートに書かれてしまったら、名前なんて知らなくても殺せるような気がする。信用させるためには仕方が無いとしても、危険な状況に、自らを追い込んだように見えた。だが、夜神月の側も、追い込むことができるとか言ってたから、つまりはイーブンってことなのかな。
次回は、やっとLの顔が見れるらしい。イケメンだったらイメージにあわないな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第5話 「駆引」
DEATH NOTE 1 尾行者であった、FBIの捜査官・レイの名前を知ることが出来た月。しかし、すぐに殺せば自分が疑われると考えた月は、その日を一週間後に定めます。そして、決行の日。顔を隠し、レイの後ろの立つ月の姿がそこにありました・・・。
URL 2006/11/18(Sat)04:31:41
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]