忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

苦しまなかったはずである。
まさか、楽が死んでしまうとは思わなかった。このショックを和らげるためか、幽とシャボン玉遊びをしているところに、「ロードランナーに殺された」とか書いてあったけれども、これは読者を騙す為の叙述テクニックで、後になると助かるなんていうオチだと思っていたのに。だから、震電が、楽のことを探しにいったシーンと、幽と焔が戦闘しているシーンが交互に書かれていたところとかは、「大丈夫、多分、助かるはず」という、淡い期待を持ちながら読んでいた。
焔が一番戦いたかったのは、焔のことなんて気にもせず、地球儀を目指していた幽だった。が、実際の幽は、焔と戦った。その幽は、焔が戦いたかった幽ではなかった。二度目は本当の勝負じゃない。一度目だから、相手のことを思いやらずに、戦える。最初の一度目だけに、意味がある。最初の邂逅の時が、焔の夢であり、これからはもう訪れることのない夢であったのだ。焔と戦う幽は、焔にとっては戦いたい相手ではないし、焔と戦わない幽は、焔が戦うことが出来ないという、矛盾が生じてしまう。焔の夢は叶わない。
楽は、強くて格好良い焔が好きだった。楽になんて、一切構うことはなく、自分の戦いに全てをかける焔のことが好きだった。それは、諦めか?といった、おじいの問いも一蹴した。戦わない焔は、焔ではないし、だからこそ、自分は焔が好きなのだと。だが、実際の焔は、勝負の決着がつく前に、楽を助けるため、駆けつけてきた。それによって、結果的には楽は死んでしまうのだけども。
幽は、最後、無事に地球儀に降り立つことが出来たのだろうか。海が、というフレーズを最後に、その顛末は明らかになることは無かった。が、幽にとって、無事に降り立つことなんて、どうでもよくて、ただ地球儀を目指すということに、意味があったのかもしれない。だからこそ、トルクから出発した後の、軌道修正とかが、自分がその場にいるような錯覚を起こさせるほどの文で、書かれていた。クリスマスとの別れにより、孤独になってしまっても、幽は、地球儀を諦めきれない。クリスマスも、幽のことは、もう覚えてはいない。寂しいが寂しくは無い。次の、スカイウォーカーが、また必ず、現れるはずだから。
今は、大集会の考えで、どうにかなっているかもしれないけれども、いずれ、トルクに惑星が接近したりして、危機に陥るかもしれない。そのような場面になって、初めて、スカイウォーカーのような存在が必要とされるのかもしれない。
適当に、印象的なキャラについて、考えを巡らせてみた。
物語全体として、見た場合、1巻の時は、何か和やかな雰囲気があったように思えたのだけれど、2巻の読後は、ひたすら悲しい物語だったのだなと思った。楽が死んだことは勿論、悲しいが、それだけではない。楽と幽を失った焔の今後のことや、大集会の仕組みや、新たに現れるであろうスカイウォーカーによって繰り返される歴史など、これからも悲しいことが続いていく。この話だけでなく、これまで、このようなことが、スカイウォーカーの数だけ繰り返されてきたということを思うと、悲しすぎる。
とにかく、読後感としては、イリヤの時と同じような喪失感が、ずっとくすぶっていた。秋山の他の本も、こんな気分になるんだろうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]