忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜神月の余裕は、父が警察関係者である、ということから来ていたのか。しかも、主任のような地位だし。
父親も哀れだよな。必死になって犯人を捕まえようとしているけれど、犯人が息子だなんて。毎日のように、息子にハッキングされるとか、可哀想すぎる。「ライト…、学校の成績はどうだ?…」辺りの、厳格な父ムード全開なのに、息子にとっては、手駒に過ぎないらしい。警察が頑張れば頑張るだけ、資料が増えていき、ますます捕まらなくなるという仕掛けになっているわけだ。
夜神月は、警察とLが、互いに疑心暗鬼になり、ひぐらし的展開になるように、仕向けた。これにより、警察がLの情報を得たら、すかさず、夜神月が、地獄送りもとい、デスノートで殺すわけだ。やっぱ、策略が凄いな。
がしかし、しばらくは、安全かと思われていた夜神月の後ろに、最近ストーカーがいるようだ。つか、これ、「良い男はぁはぁ」というストーカーだったら、ひどいオチだよな。多分、CIAの諜報員とかだろうけど。
にしても、どうして、夜神月が疑われているのだろうか。そこが、腑に落ちない。夜神月の言うとおり、運が悪くても、数ヶ月は、調査が及ばないと予想していたのに。FBIの関係者が、全ての警察関係者に張っている、ということなのだろうか。それなら、Lは非常に多くの人員を使っているんだろう。
とにかく、今後の立ち回り次第では、夜神月は、ピンチに陥りそうだが、それをどう切り抜けるか。そこが、見所だと思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(アニメ感想) DEATH NOTE―デスノート― 第3話 「取引」
真夏の夜のユメ「デスノート」スペシャル・エディション(初回生産限定盤) 総一郎を中心とする捜査陣とエルとの合同捜査。エルは、今までキラによって殺された人間達の死亡推定時刻から、彼が学生である可能性が高いと話します。一方、警察が動いていることを知りながらも....
URL 2006/11/04(Sat)10:36:13
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]