忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログは、基本的に、口語体で書かれることが多いと思う。
が、口語体と言っても、「です・ます」(丁寧語)を使うか、「だ・である」を使うかで分かれている。
例えば次の文。

・「です・ます」文
ついに待ちに待った秋山の新刊がやってきましたね。本当に嬉しいですよ。
ミナミノミナミの続巻のことは、もう忘れました。

・「だ・である」文(言い切っている、というニュアンスで使っている。
ついに待ちに待った秋山の新刊がやってきたね。本当に嬉しいよ。
ミナミノミナミの続巻のことは、もう忘れた。

「です・ます」文の方が、どちらかというと、「だ・である」文よりも親しみが持てるような気がする。なぜかといえば、丁寧語だからだろう。やはり、断定的で、自己完結的な響きのある「だ・である」文よりも、「です・ます」文の方が、語りかけられているような感じだからだ。
では、どちらが優れているだろうか。
これは一概に言うことは出来ない。なぜなら、「です・ます」文の方が優れていることもあるし、「だ・である」文の方が優れていることもあるからだ。
例えば、何かの紹介サイトであるならば、来客に話しかけるような文体の「です・ます」文にした方が良いだろう。また、自分の自己満足的感想サイトであるならば、来客する人に気を使うのではなく、自分の思うがままに感想を書けばいいのだから、「だ・である」文の方が良いだろう。(という考えに基づいて、本サイトでは、自己満足的言い切り口調で、書いている。協調性がないから、独りよがりな文を書いてしまうわけでは決してない…はず。

が、来客者は、そんなことはあまり気にしないのかもしれない。
なぜなら、来客者が期待しているのは、凝った文体よりも、優れた内容だからだ。
そして、書く方も、こんなことを気にしないで書いている人が大半だろうと思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]