忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祐一、鬼畜すぎ。
まず、謎ジャムをあゆに勧めたことだ。食べたら、「うぐぅ~」になることは間違いだろう。
だが、しかし、今回、祐一の毒牙にかかってしまったのは、真琴であった。
真琴が風呂に入っているのを知らず、堂々と風呂を開ける祐一。(明らかに故意犯だろう)そして、止まる時。祐一は、白々しい言い訳をするかと思いきや、なんと、そのまま裸のスキンシップを取ろうという暴挙に出た。あうぅ~、と言いながら逃げ出す真琴…可哀想だ。しかし、これは序の口。
祐一は、真琴が無知なのを良い事に、なんとエロ本を買いに行かせてしまう。「真琴は大人だもん」「じゃあ、エロ本買えるよな?」「エロ本って何?」「とてもエキサイトして、興奮する本だ。大人なら買えるだろ?」「買える~」→あうぅ~。可哀想すぎる。祐一は、何も無かったかのように立ち去ってるし…最悪だ。
多分、本屋の店員に、「あのぉ~エロ本って売ってますか~?」なんて聞いて、「…えっ」という反応をされたのだろう。「申し訳ありませんが、お客様。エロ本っていうのは、子供が読む本じゃないので…」「あうぅ~真琴、大人だもん! エロ本くらい読めるぅ~」…で現物を見た真琴は、「あうぅぅぅぅ~~~祐一に騙された~~~~」ってなったんだろう。祐一はなんて鬼畜なんだ。
がしかし、祐一は鬼畜なだけの男ではない。しっかりと女の子とのフラグを立てている。どんだけ、八方美人なんだ…。一緒にお弁当を食べて、弁当を褒める。たこさんウインナーを餌付けする。と思ったら、か弱い系の儚い美少女のところへ猛ダッシュ。あの、病弱を装っているような女の子が、絵としては一番、可愛く描かれているように思えるから、もっと登場させて欲しいな。
祐一が、お金を勝手に使った真琴を怒るシーンは、少し浮いてたなぁ。確かに、居候の分際で、勝手にお金を使うようなことをしたら、叱られて当然だけど、秋子さんくらいの、大らかな態度で諭してやるべきだろう。
結局、魔物ハンターの話は進まなかったな。つか、あれは何だ。ただの電波女でした、で終了してしまうような話題なのか。と思いきや、最後に意味深な発言も飛び出してたな。「必要になる」とか何とか。
もしや、祐一が死んでいるとかいうオチかという、深読みまでしてしまう今日この頃。伏線だらけで、考えるのが面白い。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Kanon 05話 「魔物たちの小夜曲 〜serenade〜」
こういうシュールさは大好き。キョン祐一の毅然としたツッコミを中心に据えた、言わば少しシュールなギャグ寄りの構成は見てて笑える部分が結構多かったんですよ。後半で展開するであろう感動的シリアス展開の前段階としての息抜きに非常に効果があると思います。今回の見所....
URL 2006/11/05(Sun)07:12:38
(アニメ感想) Kanon 第5話 「魔物たちの小夜曲 〜serenade〜」
R.D SELECTION Vol.2 川澄舞 ノーマルカラー版 名雪から借りたノートを学校に忘れた祐一は、夜の学校へ取りに行きます。そこで、剣を片手に廊下でたたずむ川澄舞と出会います。「何をしているのか?」と声をかけても無言のままの舞。と、その時!祐一の後ろで物音が聞こえ...
URL 2006/11/08(Wed)04:17:01
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]