忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメ放送も終了して、そろそろ、ブームも去るかと思ったら、映画化されることが決定して、再び盛り上がってきた灼眼シャナの、原作13巻だ。
話の内容としては、千草がおめでたで、佐藤が努力して、田中が悩んで、緒方が田中を支えて、池が成長した自分に気づいて、吉田さんが悩んで、勇二が悩んで、…、エピローグにサブラクがちょっとだけ出てきました、という感じ。赤ちゃんが生まれてくるということは、自分がいなくても大丈夫なのだということ。その、寂しさと嬉しさが入り混じったのを、勇二は感じつつ、これからのことを考えるわけだ。
感想としては、今回も、それほど面白く感じなかった。
なぜなら、本当にどうでも良いことを、長々と書いているからだ。池なんて、どうでもいい。吉田さんなんてどうでもいい。佐藤なんて…、田中なんて…。どうでもいいのだ。彼らの成長なんて、本当にどうでもいい。
こんなことを書くと、「皆が、成長していて、良い話じゃないか」とか「脇役が活躍できる作品なんて凄い」とか「池君かっこいー、はあと」なんていう反論が出てくるかもしれない。だけど、俺は、脇役よりも、シャナの心の葛藤が、シャナの初恋が、シャナの恥じらいが、読みたいからこそ、この作品を買っているのだ。別に、田中や佐藤の努力を読みたいわけじゃない。吉田さんの、心の葛藤を読みたいわけじゃない。ましてや、存在すら忘れていた池の、成長なんて、読みたいわけじゃないのだ。だから、俺としては、面白くなかった。脇役キャラのファンの人は、面白いのかもしれないけれど。
今回は、勇二とシャナが二人っきりで話をする描写が無かったように思う。俺は、それが、目当てで買っているのに!ただ、使命と恋心に揺れる、シャナが見たいだけなのに。
これからの展開はどうなるのだろうか。サブラクが1巻だけ暴れて倒される話なのだろうか。それとも、サブラクが動き出したことで、最後まで一気に駆け抜けて完結してしまうのだろうか。もしかして、サブラクを倒した後、旅に出るのだろうか。…とか、予想してしまう。が、多分、御崎市で最終話を迎えて、その後、「彼らは、これからも旅を続ける」エンドである可能性が濃厚かも。
だが、しかし、これからの展開より、気になるのは、何度も書くが、シャナと勇二の恋の行方だ。戦いよりもそちらに重きを置いている俺は、戦いよりそちらが楽しみだ。
ゼロの使い魔も、戦争よりは恋愛を読みたいにも関わらず、戦争編に入ったことで、色々と反発があったらしい。それは、灼眼のシャナにも、言えることではないか、と思う。
次巻が発売されるまで、結構かかるということが書いてあったので、次に読めるのは、まだまだ先のことになりそうだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]