忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやー、最後のキスシーンは最高だった。FF10なんて目じゃないね。やったことないけど。
序盤は、神同士の戦闘シーン、途中に回想、その後封印。そして…、最後は、お別れだ。
一人一人に別れを告げるハクオロ。ベタな展開だ。こ…、こんな程度で、な、泣かないんだからっ。
「お父さんがいないっぁぅ」と涙を流すアルルゥ。涙で感動させるつもりか?しかし、俺はこの時点で号泣。
そして、ハクオロとエルルゥの閉鎖空間。ふ、ふふふたりっきりになっちゃった。
「ハクオロさんは何も心配しなくていいんですよ」というエルルゥ。その言葉と裏腹に、悲しげな顔をしている。
このまま行かせていいのかエルルゥ!いまこそ、うたわれるものらじおの時のテンションになるべきじゃないのか!この時点で、俺はエルルゥに感情移入しまくり。つか、俺あの時、エルルゥだった。
「ハクオロさんっ!」
「来るな! …、来ては…駄目だ…」
そして、エルルゥは硬く手を握り締める。これ最高の演出。
歩き出すエルルゥ。勿論、その方向には僕らのお父さんがっ。
ああ、そしてそして感動のキスシーン。というか、絵が綺麗すぎるよな。これがへぼい絵だったら、こんなに心震わすことはないと思う。あと、音楽もベタな感じで流れ始めたけど、キスシーンの時にはこれでもかと相乗効果を生んでくれてたし。
最初は、戦国ものでワクワクしてて、途中のSF展開に驚かされつつもドキドキして、最後には、感涙モノのキスシーンを見られて…、大満足だ。原作とか知らないけど、普通に楽しめた。
次回が待ち遠しくてたまらないアニメなんて、初めてだったように思う。
ああ、この余韻がいつまでも続けばいいのに。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]