忍者ブログ
ライトノベル・アニメ・フリーADV・フリーRPG等の感想を書いたり、撒き散らしたりする。基本的にネタバレで感想を書くのでご注意を。不定期更新です。
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまや、たらこスパの代名詞ともいえる、竹宮ゆゆこが書いたラブコメだ。俺が最近、たらこスパを食べなくなった理由は、必ず竹宮ゆゆこにある…はずだ。
本作は、竜司と大河の片思い相手が違うという、面白い設定なのが特徴だと思う。
これまでの巻では、お互いに協力して、恋の成就を目指すという関係を築いていたはずの二人の関係が少しづつ変わりそうで、変わらなそうで…という面白さがあった。そして、本巻でも、これまでと同様に、二人の関係に少しづつだが変化が見られるような、見られないような、面白さがある。そして、変わりそうな関係について、本人たちも意識し始めてきているので、色々とトラブルが発生してしまい、…面白くてたまらない!
とりあえず、大河最高。こんな、いじらしくて可愛らしいヒロインは、そうはいないだろう。「竜司は私のだぁ」とか、もろツボに入ってしまったよ。萌え死ねる。
しかし、大河は竜司のことが好きなんだろうか。やっぱり、まだ北村に片思い中なんだろうけど…。でも、大河の片思いってのは、結局のところ自分だけの妄想恋愛なのであって、本当に好きになる相手っていうのは、実際に交流を持ってみないと分からないとか解釈して、竜司を応援したい。
竜司の方は、みのりんのことを、あんまり意識しなくなったみたいだなー。曖昧な書き方がしてあったけど、あれって、「大河のことが好きになったから、みのりんのことを意識しなくなった」みたいな感じだし。まあ、俺の勝手な解釈だけど。
竜司も大河もお互いに、「私の犬だから、私の所有物だから、手を出されるとむかつくの。決してやきもちじゃない!」とか、「亜美と自分が抱き合っているように見えてしまったことに、大河はやきもちを妬いてるんじゃない。嫌いな奴に、自分の所有物を触られたことに怒っているんだ。亜美がみのりんに同じ事をしても大河は怒るだろう。だから、大河の怒りは、やきもちじゃない」みたいな考えとか…、お前らもっと素直になれよ!と言いたいね。でも、素直にならない、素直になれない、自分の本当の気持ちに気付かない、ってところがこの作品の最高に面白いところだけど。
ああ、なんか、亜美のキャラもいいよな。前までは腹黒美少女キャラってだけだったのに、今では、竜司争奪戦に名乗りを上げそうだし。ヒロインに踊りだしたこと以外にも、大河の気持ちを揺さぶるという点に関していえば、これ以上のキャラはないと思う。今回の大河の動揺とかは、亜美が仕掛けたことがきっかけだったし。いや、本当に良いキャラしてる。スタイルもいいし。…、でも自分は大河の水着の方が萌えた。幼女趣味ってわけじゃないんだよ。きっと…。
それにしても、みのりんのネタキャラぶりには、ツッコミをいれるべきなのか…。最初は、正統派ヒロインっぽい感じだったのにな。
次巻が激しく楽しみだ。出るとしたら冬だろうけど。内容は、別荘でバカンスだから、季節にズレはありそうだけど。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
とらドラ3!
とらドラ3! 著者 竹宮ゆゆこ イラスト ヤス レーベル 電撃文庫  HPに掲載されたスピンオフは  掲載されないの?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございま
URL 2006/10/07(Sat)08:41:08
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ランキング
プロフィール
HN:
dameda
性別:
男性
自己紹介:
協 調 性 △
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 私と君とライトノベル All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]